Yuji Nishida 西田 有志 | The Best Jumper in the World | Volleyball 2019

Loading...
149 Views
Published
Volleyball TV: https://go.volleyball.world/TV?ytv=d
Watch ALL the Volleyball Action https://go.volleyball.world/TV?ytv=d

Instagram: https://go.volleyball.world/Instagram...
Facebook: https://go.volleyball.world/Facebook?...
Twitter: https://go.volleyball.world/Twitter?y...

Yuji Nishida (西田 有志 Nishida Yūji, born 30 January 2000) is a Japanese male volleyball player.

Nishida currently plays for JTEKT Stings, a volleyball club based in Kariya, Aichi, Japan. He made his debut with JTEKT Stings at V.League (Japan) on 6 January 2018 in a match against Osaka Blazers Sakai. His impressive debut at the young age of 17 soon earned him a position in JTKET's Starting 6 as well as Japan men's national volleyball team.

He is one of the youngest players in the 2018 roster of the Japan men's national volleyball team. He made his first international performance with the Japanese national team in 2018 FIVB Volleyball Men's Nations League. In June 2018, he played a pivotal role in securing Japan's first win in 11 years against Italy where he collected 24 points from 21 spikes and 3 aces. In September 2018, in a match against Argentina in 2018 FIVB Volleyball Men's World Championship, Nishida became the youngest player ever to score 30 points in a match. In June 2019, Nishida broke serving records in the VNL history after hitting 7 aces in a single game during a match against Bulgaria

バレーボールを始めたのは、幼稚園児の頃からで「兄・姉がやっていたから」だと云う

いなべ市立大安中学校時代の2014年、第28回全国都道府県対抗中学バレーボール大会の三重県選抜チームに選出された経歴を持つ[4]。高校進学に当たっては東海地区のバレーボール強豪校である愛知県の星城高等学校などから誘いを受けたが、「地元がいい」と、海星高等学校への進学を選んだ

海星高等学校時代は三重県立松阪工業高等学校の壁が厚く、全日本バレーボール高等学校選手権大会(春高バレー)への出場は一度もなく、全国高等学校総合体育大会(インターハイ)は2017年度の一度だけの出場であった。その高校時代には第11回アジアユース男子選手権大会(U-19)(ミャンマー・ネーピードー)に出場するU-19日本代表に選出され、大会では優勝を果たした。

2017年、高校3年の時にVプレミアリーグ男子のジェイテクトSTINGSに高卒内定選手として入団[7]。西田がSTINGSを選んだのは「実兄がジェイテクトで働いていて、『バレーボール部もあるんやで』と教えてくれたから」だったと云う[2]。海星高等学校は2018年1月の春高バレーに出場出来なかったため、西田は2018年1月6日の対堺ブレイザーズ(広島県立総合体育館)戦で高校生選手としてVプレミアリーグの公式戦に初出場を果たしスパイク決定率70%を記録し[8]、その翌日のJTサンダース戦では早くもスターティング・ラインアップに名を連ねてチーム最多の26得点を叩き出すなど鮮烈なデビューを飾った。

2018年4月に海星高等学校を卒業して、正式にジェイテクトSTINGSに入団。時を同じくして中垣内祐一監督率いる日本男子代表に大抜擢を受けた。

2018 2018 FIVB Volleyball Men's Nations League - Top 4 Best Scorers at Preliminary Round
2018/2019 2018-19 V. League - Rookie of the Year
2019 2019 FIVB Volleyball Men's Nations League - Top 4 Best Scorers at Preliminary Round
2019 2019 FIVB Volleyball Men's Nations League - Top 4 Best Servers at Preliminary Round
2019 FIVB World Cup - Best Opposite Spiker
Category
Volleyball
Be the first to comment